yaunpe_title-honpen
近日
公開
ヤウンペを探せ!
近日公開予定
監督
宮脇亮
脚本
髙石明彦、渋谷未来
出演
池内博之、池田鉄洋、松尾諭、宮川大輔、蓮佛美沙子 ほか
配給会社
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作
吉本興業

「今の私にはヤウンペが必要なの。今、一番欲しい」可愛いあの子が、俺たちに言った。
「わかった。絶対、俺が探してくる!」と声を張り上げる4人のおっさんたち。
20年ぶりに再会した映画研究会のメンバー4人は、自主映画のヒロインだったみさっちゃんからのお願いを引き受けることに。かつて思い描いていたような人生を送ることなく、40を過ぎた今なお独身の枯れたおっさんたち…みさっちゃんのお願いを叶えられたら、みさっちゃんと結婚できるかもしれない…
「あいつにだけは負けたくない!」「俺だけが出し抜いてやる!」と突然の宿題に色めき立つ4人。でも、おっさんたちはみんな思っていた…
「“ヤウンペ”ってなんだ??」だが、歳を重ねて染みついたプライドが邪魔して、「“ヤウンペ”って何?」と素直に尋ねられない。
見栄を張って知ったかぶりをする4人は、はたして“ヤウンペ”を見つけ出すことができるのか―?
そして、“ヤウンペ”とはいったい何なのか―?哀愁漂うおっさんたちが憧れのヒロインのために、“ヤウンペ”を見つけ出そうと
必死にもがいて…必死に暴れ回る…ちょっぴりおバカでちょっぴり愛のある冒険が、今始まる―!!

予告編
場面写真_web メイン
近日
公開
クソみたいな映画
2020年公開予定
監督
芝聡
脚本
石田明(NONSTYLE)
出演
内田理央、稲葉友、村田秀亮(とろサーモン)、相島一之、川上麻衣子 ほか
配給会社
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作
吉本興業

物語の舞台となるのは、小さな映画館。この日、上映されるのは何の変哲もないコメディ映画。
観客の中には運送会社の社長夫婦、浪人生、キャバ嬢、売れない役者の5人。たまたま居合わせたのかと思いきや・・・
実はこれら5日人の観客は、ある一人の女によってこの映画館に集められていた。
女の目的は・・・死んでしまったフィアンセの復讐。「あなた達が私の彼を殺したんです」
復讐の念を持つ一人の女と集められた観客、そして、上映されている映画との因果関係は・・・?

予告編
メイン
近日
公開
甘いお酒でうがい
2020年春公開
監督
大九明子
脚本
じろう(シソンヌ)
原作
じろう(シソンヌ)
出演
松雪泰子、黒木華、清水尋也ほか
配給会社
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作
吉本興業

じろう(シソンヌ)が長年演じてきた
代表的登場人物の一人である「川嶋佳子」。
彼女が日記を書いたなら…と描かれた小説
『甘いお酒でうがい』の映画化。
40代独身女性が何気ない日常を綴った1年5ヶ月の日々。
恋、亡き母、人生…。
彼女が書き留めるのは誰でも覚えのある人生の悲哀と日常にちりばめられている小さな喜び。
それらに一喜一憂するのではなく、
そっと寄り添って生きていく佳子を、
強烈なキャラクターから子供をもつ母まで
幅広い役柄を演じてきた松雪泰子が体現。
じろう(シソンヌ)の卓越なる感性と言葉の世界を、
様々な世代の女性の生き様を描いてきた大九明子が演出。

予告編
キスカム
近日
公開
キスカム!
2020年4月3日公開
監督
松本花奈
脚本
リンリン 脚本監修:山﨑ケイ(相席スタート)
出演
葉山奨之、堀田茜、八木アリサ/塚本高史 奈緒、福山翔大、行平あい佳、森本のぶ、浜田学、森口瑤子、徳井義実(特別出演)ほか
配給会社
吉本興業
製作
吉本興業
予告編
190128_1048
近日
公開
エキストロ
2020年3月13日(金)より、新宿・シネマカリテ他で公開
監督
村橋直樹(NHKエンタープライズ) ドラマ「透明なゆりかご」「おんな城主直虎」「嫌な女」 
脚本
後藤ひろひと
出演
萩野谷幸三、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文、藤波辰爾、黒沢かずこ(森三中)、加藤諒、三秋里歩、石井竜也、荒俣宏、大林宣彦
製作
吉本興業

日本初(?)のモキュメンタリー・コメディ映画「エキストロ」が誕生しました!

63歳の初老男性が、市民エキストラとして活動していく中で巻き起こる悲喜こもごもの出来事を描く骨太なドキュメンタリー
――と見えながら、ストーリーは奇妙な事件や登場人物の登場で、あらぬ方向に流れていく…
モキュメンタリー(フェイク・ドキュメンタリー)のスタイルで、映画製作の夢と名もなき人生の愛おしさを謳い上げる意欲作!!

主人公を演じるのは、63歳にして今作が映画初出演(&初主演)となる無名の新人・萩野谷幸三。
作中でも、萩野谷幸三 本人役として出演しており、現実と虚構が入り混じる世界観を見事に体現しております。

脇を固めるのは、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文、藤波辰爾、黒沢かずこ(森三中)、加藤諒、三秋里歩、石井竜也、荒俣宏、大林宣彦ら、様々なジャンルで活躍している豪華キャスト!
彼らが次々と実名で登場し、物語をカオスな世界へと導いていきます。

主題歌は、トリプルファイヤー featuring 松崎しげるという、異色のタッグが担当!
作品のキーポイントとなる“宇宙原始獣ガモゲドラ”のテーマを歌い上げます。

監督は、NHKドラマ「透明なゆりかご」「おんな城主直虎」「嫌な女」などを演出した村橋直樹、
脚本は、「パコと魔法の絵本」などでお馴染みの奇才劇作家・後藤ひろひとが務めます。

これまで観たことのない想像を超えたモキュメンタリー・コメディの世界にぜひご期待。

予告編
酔うと組写真IMG_2811
近日
公開
酔うと化け物になる父がつらい
2020年3月6日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
監督
片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)
脚本
久馬歩(プラン9)、片桐健滋
原作
菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
出演
松本穂香、渋川清彦、今泉佑唯、恒松祐里、濱 正悟、 安藤玉恵、宇野祥平、森下能幸、星田英利、オダギリジョー、 浜野謙太、ともさかりえ
配給会社
ファントム・フィルム
製作
よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS

 秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載され圧倒的な反響を呼んだ
実録家族崩壊エッセイ「酔うと化け物になる父がつらい」(菊池真理子著)が待望の実写映画化決定!

「自分の家族がおかしかったって、今になってようやくわかった。」

原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセイ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく…。

毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開とラストに「涙が止まらない」と話題になった。

 そしてこの度、松本穂香×渋川清彦のダブル主演で実写映画化決定!
物語の主人公・田所サキを、ドラマ&映画と主演作が相次いで公開され、確かな演技力と圧倒的な存在感で観るものを魅了する今最も旬な若手女優・松本穂香、
また酔うと化け物になるサキの父・田所トシフミを、独特の色香と唯一無二の存在感で数々の作品に引っ張りだこの超実力派・渋川清彦が演じる。
監督には、映画&ドラマ『ルームロンダリング』でも注目の新鋭・片桐健滋が登板。あたたかみのある画で優しくユーモラスに描きつつ家族の本質に鋭く切り込み、確かな手腕でこの度新境地を開拓。

松本と渋川のタッグが織りなす濃厚なヒューマンドラマと、家族の在り方を問う衝撃の結末にぜひご期待頂きたい。

また、豪華出演キャスト、主題歌情報等続報にも乞ご期待!

予告編
re_DSC5828
上映中 生理ちゃん
全国順次上映中!
監督
品田俊介
脚本
赤松新
原作
小山健
出演
二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、岡田義徳、豊嶋花、須藤蓮、狩野見恭兵、藤原光博
配給会社
吉本興業
製作
吉本興業

2017年にWEBメディア「オモコロ」で連載をスタートし、SNSを中心に瞬く間に共感を集め、2019年8月時点で累計2000万PVを突破している、小山健氏による大ヒットコミック「生理ちゃん」。
2019年の第23回手塚治虫文化賞にて短編賞を受賞し、同年7月に早くも二巻目「生理ちゃん二日目」が発売、現在、大きな旋風を巻き起こしている大ヒットコミックが、まさかの実写映画化となりました!
主人公の青子役をつとめるのは、今や誰もが知る実力派女優の二階堂ふみ。
シリアスからコミカルまで多くの映画やドラマに出演し、2020年のNHK連続テレビ小説「エール」のヒロインにも抜擢、さらなる飛躍に期待が集まる二階堂ふみが、突然やって来る“生理ちゃん”に振り回されながらも仕事にも恋愛にも一生懸命な主人公の青子を、コミカルに演じています。