酔うと組写真IMG_2811
近日
公開
酔うと化け物になる父がつらい
近日公開予定
監督
片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)
脚本
久馬歩(プラン9)、片桐健滋
原作
菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
出演
松本穂香、渋川清彦
製作
よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS

秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載され圧倒的な反響を呼んだ
実録家族崩壊エッセイ「酔うと化け物になる父がつらい」(菊池真理子著)が待望の実写映画化決定!

「自分の家族がおかしかったって、今になってようやくわかった。」

原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセイ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく…。

毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開とラストに「涙が止まらない」と話題

予告編
yaunpe_title-honpen
近日
公開
ヤウンペを探せ!
近日公開予定
予告編
190128_1048
近日
公開
エキストロ
近日公開予定
監督
村橋 直樹(NHKエンタープライズ) 
脚本
後藤ひろひと
出演
萩野谷幸三、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文、藤波辰爾、黒沢かずこ(森三中)、加藤諒、三秋里歩、石井竜也、荒俣宏、大林宣彦
製作
吉本興業

日本初(?)のモキュメンタリー・コメディ映画「エキストロ」が誕生しました!

63歳の初老男性が、市民エキストラとして活動していく中で巻き起こる悲喜こもごもの出来事を描く骨太なドキュメンタリー
――と見えながら、ストーリーは奇妙な事件や登場人物の登場で、あらぬ方向に流れていく…
モキュメンタリー(フェイク・ドキュメンタリー)のスタイルで、映画製作の夢と名もなき人生の愛おしさを謳い上げる意欲作!!

主人公を演じるのは、63歳にして今作が映画初出演(&初主演)となる無名の新人・萩野谷幸三。
作中でも、萩野谷幸三 本人役として出演しており、現実と虚構が入り混じる世界観を見事に体現しております。

脇を固めるのは、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文、藤波辰爾、黒沢かずこ(森三中)、加藤諒、三秋里歩、石井竜也、荒俣宏、大林宣彦ら、様々なジャンルで活躍している豪華キャスト!
彼らが次々と実名で登場し、物語をカオスな世界へと導いていきます。

主題歌は、トリプルファイヤー featuring 松崎しげるという、異色のタッグが担当!
作品のキーポイントとなる“宇宙原始獣ガモゲドラ”のテーマを歌い上げます。

監督は、NHKドラマ「透明なゆりかご」「おんな城主直虎」「嫌な女」などを演出した村橋直樹、
脚本は、「パコと魔法の絵本」などでお馴染みの奇才劇作家・後藤ひろひとが務めます。

これまで観たことのない想像を超えたモキュメンタリー・コメディの世界にぜひご期待頂きたい。
公開日等、続報にも乞ご期待!

予告編
re_DSC5828
近日
公開
生理ちゃん
11月8日(金)より ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショー!!
監督
品田俊介
脚本
赤松新
原作
小山健
出演
二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、岡田義徳、豊嶋花、須藤蓮、狩野見恭兵、藤原光博
配給会社
吉本興業
製作
吉本興業

2017年にWEBメディア「オモコロ」で連載をスタートし、SNSを中心に瞬く間に共感を集め、2019年8月時点で累計2000万PVを突破している、小山健氏による大ヒットコミック「生理ちゃん」。
2019年の第23回手塚治虫文化賞にて短編賞を受賞し、同年7月に早くも二巻目「生理ちゃん二日目」が発売、現在、大きな旋風を巻き起こしている大ヒットコミックが、まさかの実写映画化となりました!
主人公の青子役をつとめるのは、今や誰もが知る実力派女優の二階堂ふみ。
シリアスからコミカルまで多くの映画やドラマに出演し、2020年のNHK連続テレビ小説「エール」のヒロインにも抜擢、さらなる飛躍に期待が集まる二階堂ふみが、突然やって来る“生理ちゃん”に振り回されながらも仕事にも恋愛にも一生懸命な主人公の青子を、コミカルに演じています。

image1
上映中 ERICA38
全国順次上映中!
監督
日比遊一
脚本
日比遊一
出演
浅田美代子、平岳大、窪塚俊介、山崎一、山崎静代、 小籔千豊、WORAPHOP KLAISANG、菜 葉 菜、鈴木美羽、佐伯日菜子、真瀬樹里、中村有志、黒田アーサー、岡本富士太、小松政夫 古谷一行(特別出演)、木内みどり 、樹木希林
配給会社
KATSU-do
製作
©吉本興業

6月7日(金) TOHOシネマズャンテ他全国ロードョー

「本性ってなんですか・・・・。」60歳を過ぎてなお、色香で男たちを惑わ し、話術で女たちをたぶらかして、金を巻き上げた女がいた。巻き上げた金の 総額は、7億とも8億とも言われている。詐取した金で、女は豪遊し、贅沢な 生活を送り、そして、タイに男を囲った。農村に住む、20代の男だった。女 は自らを「38歳」と偽った。ミニスカートから細い足を出した「38歳」の女 は、異国の町で逮捕された。殺到するマスコミに、女は、「私も被害者なんで す、何かの間違いです」と微笑んだ。樹木希林がこの作品で表現したかったこ とは何なのか、、必死に生きる女の「滑稽さ」や「哀しみ」。人間の奥深くに ある“本性”とは何なのか、、

製作総指揮 奥山和由
監督・脚本 日比遊一
企画 樹木希林

catch
上映中 バイオレンス・ボイジャー
全国順次上映中!
監督
宇治茶
脚本
宇治茶
出演
【声優】 悠木碧 田中直樹(ココリコ) 藤田咲 高橋茂雄(サバンナ) 田口トモロヲ
配給会社
KATSU-do
製作
吉本興業

世界初の長編ゲキメーションアニメとして制作させたのが本作「バイオレンス・ボイジャー」である。
学生時代からゲキメーション映画を制作していた宇治茶は,2013年「燃える仏像人間」で監督デビュー、各国の映画祭に参加し、その年の文化庁メディア芸術祭では優秀賞を授賞した。
原画総数3000枚、作画、撮影、脚本、監督をほぼ一人でこなすまさに21世紀至高のアナログアーティストである。

cp_img
上映中 カクテルパーティー
全国順次上映中!
監督
レジー・ライフ
脚本
レジ ー・ライフ、大城立裕、山里勝己
原作
大城立裕著
出演
三ツ井禎、市川達生、合田沙おり、シェルドン・ブラウン、アンドリュー・スパタフォラ、水島ジャン、マイケル・ニードラ ー、高野芳郎、ジェイソン・ジェームズ、赤西里佳
配給会社
KATSU-do

大城立裕著 芥川賞受賞作、初の映画化
11月9日(金) 沖縄:シネマパレットにてロードショー!

予告編